偶然の恵比寿

恵比寿の弁護士 藥師神 豪祐のブログ

音の鳴る方へ

平成291110日(金)夜、東京キネマ倶楽部でのパスピエの公演はとても良かった。今年3度目に観たパスピエのワンマン。ドラマーが脱退してからは初。彼らは、見て取れる、聞いて取れる程度に変化していた。そうせざるを得ず、そうなっていった。新体制初の曲である『音の鳴る方へ』は痺れた。

多くの局面で、「そうせざるを得ず、そうなっていった」をどう転がせるかで勝負は決まる。例えばマツコデラックスさんが知性を宿した過程もきっとそうだったろう。例えば予算・人員からクオリティに制約があれど、限られた機能に対し「ストーリーを与える」などして乗り越えたビジネスはいくらでもある。繰り返されている。今のジャンプ漫画でいえばブラッククローバーだろうか。黒子のバスケも端的だ。そして私自身も、幼い頃から制約に屈しなかった。このことをもっと意識しても良いのかなと思った。5年前に背負った新たな制約も同様に(もう2度と物理的に耳鳴りは止まないしライヴは耳栓をして臨んでいるけれど)。様々なことはあったし、様々なことがあるだろう。東京キネマ倶楽部の入口をすぎると、BaseBallBearから花が届いていた。何も思わず通り過ぎることはさすがにできなかった。痛みを知るバンド同士。旅は続いていく。

自分のいる環境を受け入れて、「今いる場所から何を得られるか」を貪欲に考え続ける。多くの人が、優秀になる過程でそうせざるを得ず実践する素朴なTips。私もこれをまず徹底して来た。岩政大樹氏の名著『PITCH LEVEL』にも当然これは記載されていたと記憶している。これができたから岡崎慎司内田篤人は突出したプレイヤーになった。そんなことを思っていたら岡崎慎司自身も最近そのことを記事にしていた。

コントロール可能なものとそうでないものを峻別する。優秀な友人たちや先輩方のお陰もあっただろう。私もこれを徹底してきた。しかしもう丸3年が経とうとしている。前提を受け入れて創意工夫することも必要。そこでこそ生まれるものが必ずある(カートコバーンでさえ曲中で何度も韻を踏んだ。サッカーは手を使えない(だからこそ))。ジャズでいえば「名曲はない。あるのは名演だけ。」の精神。他方で、打開すべく前提を疑うことも必要。何事もバランスの問題。だからこそ難しい。

私がいなくなったら、音の鳴る方へ。

会いにいく

口コミ、どうやって広まっているのかなといつも思う。BtoBの債権回収(派生して、利用規約を修正したり、Webサービスのあれこれ)と、芸能関係の案件をこれほど扱うようになるとは思っていなかった。いずれも、筋として悪くない事案が多いので、精神的負担の点からも悪くない。このままこの事務所はそんな感じで進んでいくのかなと、漠然と思っている。

手渡せていなかったノウハウを、少しずつマニュアルにしてまとめている。通常すぐにコモディティ化するような定番の思考セットや経験則も、業務の性質上(守秘義務が厳格であることに限らず。例えばサッカー代理人の交渉現場の様子が具体的に広まったりしないのと同様に。)、言語化され書店に並んでいたりしていない。いちいち手取り足取りしなければならないのか、と思う日もあったけれど。夏前くらいから、手取り足取り記載することにした。

そうはいってもゴールデンな一手は存在せず、事案や相手をどう見極めるかが本質。結局は、技術や能力の問題というよりは、どれだけ真剣に事案と向き合うかやどれだけ自分の哲学を持って他者と接してきたかによる。どうしても振る舞いに出てしまうのは、その人の本質の部分。それは「真剣(誠実)さ」。限りある短い命を生きることに対して真剣(誠実)か、ということに尽きる。癖がついていないと、甘くなってしまう。意識するだけでは役に立たない。

業務上、少しでも困ったら、とにかく誰かに会いにいく。進学校を卒業しておいてよかったとか、東大出ておいてよかったとか、真剣に思ってしまう。やはり大きい。アワリー10万円近い先輩にも会いに行って相談する(帰り道に、返せるものはなんだろうと悩み込んでしまうけれど。後輩たちに返せばいいのかなと納得し、いつも泣きそうになりながら帰る)。

そうはいっても具体的な事情は当然ながら話せないので、なにを得て帰るかといえば、方法論や方向性についての確信だけ。本当に最先端の領域は、どの事務所でもやっていることは変わらない。例えばゲームに賞金をつけるときに悩む景表法なんかも、緑本読み込んで、監督官庁に連絡して、と。どこも一緒。法律事務所の弁護士も、インハウスの弁護士も。それ以上のことはない。あとは、どれだけ真摯に深く向き合うか。

たまに、ゆっくり出歩いている。そういう風に時間が使えるようになったのも、マニュアル化の恩恵。おもしろいもので、ちゃんとマニュアルにして渡しておくと、業務の質が明確に改善される。言わなくても伝わることが増えた。毎日自分が思ったことや学んだことを全社員にメールしているのって誰だっけ。AirbnbのCEOだったかな。そういえばそのCEOも情報取得のコツは情報源となる「人」に会いにいくことだと言っていた。

今週末はサッカーの仲介人(代理人)たちとの飲み会があって非常に楽しみ。久しぶりに会う方も、はじめましての方も。会いにいくのは大事。それぞれの仕事の本質が言語化され書店に並んでいないことを知っている人たちは、優秀で、会いたがる。

仕事の価値を決めるのは自分じゃない、他人。クライアントの顔を思い浮かべられないなら、その仕事からは降りるべき。そういって、理由をつけてクライアントに書類を手渡しに行かせたこともある。『会いにいく』。暮らしがあって、仕事があって。それはもう14年前の曲。GRAPEVINEの国際フォーラム講演がとても楽しみ。先週のZeppTokyoでのSyrup16gも良かった。長生きしたい。

PITCH LEVEL

バランスの問題。

当然ながら正解はない(だからこそ。)。当然ながら時間は無限じゃない(だからこそ。)。生命も無限ではない(だからこそ。)。選び直せない(だからこそ。)。だからこそ難しくて、価値がある。誰もがどこかで気がつく素朴なひとまとまりのtips(経済学の教科書の2ページ目にも必ず「稀少性」についての記述がある。価値の源泉についての記述。)。

これもそう、あれもそう。例えば生物は分けても分からない。例えば複雑系。例えばミクロ経済学では足りずマクロ経済学が必要とされる理由。東大の研究室が熱力学第二法則というマクロの基本法則を量子力学というミクロな基本法則から導出することに成功したことが今月7日に発表されたことの意義。「時間の矢」。選び直すことはできない、という意味の有限性。これらは「正解がない」という話すなわち「有限性」の話すなわち「バランス」の話。

といった一連へと回路を誘導したのは、先週から書店に並び始めた、岩政大樹氏が著した単行本『PITCH LEVEL』。ここに全てが詰まっている。「基本書」だ。驚いた。サッカーのピッチ上でも、当然ながら知性こそが役割を果たす。そして同書の中で再頻出と思われる単語は当然ながら「バランス」だ。それ以上の解説は不要。

判断、選択、決定の難しさは「バランスをとるため微調整しなければならないこと」にある(友人のスマホゲームプロデューサーであれば、例えばリリース後の「運営」という難敵と戦っている)。正解はない。有限。あちらを立てればこちらは立たない。だからヒソカは苦悩した。団長か、クラピカか。常に難局だ。だからこそ難しくて価値がある。有限性という恐ろしい前提を受け入れて次に進むのが知性(直近の電ファミのインタビューで堀井雄二氏は勇者についてなんと語っていたか)。選択の連続である人生。選択が更新し続ける並行世界には、今あるすべてを持ち運べる(大統領のD4Cをもってしても唯一無二の「遺体」は運べない…。それに比して、ここには基本世界、「あるべき世界」などない。誰に押し付けられることもない。)。サッカー選手も法律家もバランスで悩む。足し算では決まらないのは料理をすれば分かる。生きれば分かる。財産はなにも運ばない(どれだけ稼いでもゴールには近づかないことを知るのが30代説。)。ゴールデンメソッドを突き刺せば回答が飛び出してくる、わけもなく。その度ごとに鍵を作っていく。「まほうのカギ」くらいはあっても「さいごのカギ」はない。

ああ、それでも。とはいえそれでも。例えば酸素は無限ではないが、「みなし無限」として消去できる。認識して、消去して。認識して、消去して。33歳にもなると消去されず残されたものは少ない。知性に対してだけは誠実に。ヒューリスティックに割るものではない。ワルモノではない。もはや過ぎ去りし時を求めることはできない。

そして今夜アンチェロッティが正当に解任された。

その手段を欠くのであれば、賭郎を設置しなくてはなるまい。

 

 

幽霊たち

初めて読んでからおそらく10年は経過しているが、心の第1位をポール・オースターの『幽霊たち』は譲らない。

自己と他者との隔たりに折り合いがつかなくなり<ブルー>になったときは、<ホワイト>からの「依頼」に立ち返り、「依頼」自体を検証する。誰かに自分を把握していてほしくなれば、<ホワイト>として<ブルー>に依頼をする。自分以外自分でないという孤独に向き合う。自分より大切な存在に出会ってしまう度、当然に孤独は増す。

あの登場人物がドアを開いたシーン。それが私を離さない。

なんであれ、「話せば分かる」とは必ずしも言えないだろうが「話さないと分からない」とは言えそうだ。囚人のジレンマが生じるのも、情報が遮断された囚人だからだ。囚人でないならば、なんであれ表明すべきだ。寄せては返す他人の快楽を、「表明」で一つずつ濁していかないと、善くないことは起こり続ける。客体として固定される必要はない。

『幽霊たち』を超える教養体験はないのでは説。

教養とは何か。「検索窓に放り込むべき単語を空から取り出す能力」や「信頼できる情報源とそうでないものとを識別する能力」を指すとすれば、あまりにも切ない。自分の頭で考える、だとか、知性の束だったりするのかな。自分の頭で考える、とは何か。すべてを剥がされたときに何が言えるか。そこに着目するならば、銭湯へ行くか朝まで一緒に過ごすことで初めて相手の教養を窺い知ることができる。経験からこれを促されることも少なくないし、自分でも何度か実践した。疲れ切った深夜に初めて出会えるものが本質だったりする。今月は神田で二度も各社の代表取締役たちと朝を迎えた。

「疲れているときにいかに実力を発揮できるか」は、ビジネスパーソンやアスリートにとって外せないテーマになっている。ちょうど今日、U-20W杯で敗退してしまったサムライブルーの選手たちに向け内山監督が差し出したコメントも、同様の内容だった。疲れているときの精度。そして誰もがジムに通い始めた。

自分の経験にある興奮と、目の前の人が大事そうに話しているそれとが、結びついたらそこで握手。小さく、根深くやっていくほかない。教養の正体は、端的に「経験」である説。インナーワールドが崩壊した経験は、自分に多大なる教養と知性を宿したと記憶している。もう何年も前。

やりたいことで生きていく。それは音楽だったのだろうか。弁護士だったのか。よく分からなくなっている。その両方の間のどこかにあるのかもしれない。

プロミュージシャンとは何か。音楽でご飯を食べる私がかつて存在した。しかしその私はもはや並行世界に飛ばされ、こればかりは大統領であっても持ち出せない。失われた「聖なる遺体」。ストリーミングに重心が移り、私たちが過ごしていた環境の一切はノスタルジアの箱に入ってもう取り出せない。業界は再編され、新たな立ち回りが要求される。「誰に気に入られるか」が世界を更新しないのであれば、フェアで美しいとは言えそうだ。イイね。

Mac Book Proを買ったのが嬉しくて。

偶然を祝いたい

物々交換って本来難しい。という話を久しぶりにした。

例えば「①豚肉を持っている。②魚が欲しい。さて。」というセッティング。プリミティヴな状況下では「①魚を持った②豚肉を欲しがっている人」を探す必要がある。それはいくら何でも非効率で途方も無い。 そこでどうしたかというと「市(イチ)」が発生した。交換したい人たちが現実世界でメルカリした。今でも四日市八日市という地名が残されている。これは「毎月四日にここに集まろうね」という約束が土地に張り付いたものだ。とはいえ「市」で集まっても、当然ながら、欲しがっているズバリのものを持っている人に出会うのは大変だ。そこで「まあこれはみんな欲しがるよね」というものと交換するようになった。日本ではそれが稲や布だったと言われている(稲はネの音が「値」として残り、布は紙幣の「幣」として残った。と言われているがそこは本質じゃないし信じてもいない)。その後、それなりの年月をかけて、金や銀、兌換紙幣(「いつでも金に交換しますね」という約束のある紙幣)、不換紙幣となった。お金ってそういうもの。触って汚れるようなものではない。

とはいえ、なんだろう。物々交換ってロマンがある。偶然を祝いたい。豚肉を持っていることをもっと伝えたいし、魚を欲しがっていることをもっと伝えたい。伝えられたい。

仮説、

人間は世界を更新したいのではなかろうか説。世界を更新するための「分析」と「提言(モデル形成・仮説形成)」のサイクルを、きちんと回さねば。

 

法律家の日々の仕事は「法律論」を駆使して紛争解決や紛争予防のアクションを起こすことにある。ルール自体を変更する「立法論」のテーブルの前に椅子を置くことはほとんどない(ルールの使いにくさや不明瞭さに出会うときは議事堂に想いを馳せる場合もあるが、その想いがええいああと実益をもつ場に居合わせることはほとんどない)。

「法律論」は、定められたルールの中での「分析」と「提言」の試みではある。が、あくまでも目の前の個別の案件に対処する試みにすぎない。「世界を更新する試み」としての「提言」「モデル(仮説)形成」を行うことができるわけではない。原初の根源欲求からは遠そうだ。初心に帰りたい。

少し戻る。私は法律家となるためロースクールに通っていた。先日仕事でS教授のご著書を手に取った際に、ロースクールでの講義の意外なワンシーンが浮かんだ。教授は経済法の講義で、わざわざそれ用のスライドを用意して、「「分析論」にとどまらず「提言論」に踏み込む意義」を強調されたのだ。この瞬間が好きだった。法学部的トピックであるかもしれないが少なくともロースクール的トピックではなかった。だからか記憶がこれを掴んでいる。

追加的に2年遡れば、自分は経済学部ではインセンティブ・デザインの学問であるゲーム理論を専攻していた。そこでは「分析論」から「提言論」への敷衍こそが課題だった。さらに2年遡ると教養学部という場で基礎的な教養をリベラルアーツされていた。「分析論」と「提言論」は教養学部的な文脈では「構造」と「モデル(仮説)形成」という把握で語られているかもしれない。

「構造」を分析する。それを元に「モデル(仮説)」をつくる。モデルにすると、他人に手渡すこともできる。手を加え、現実に適用し、また手を加えることができる。

 

事に当たるに際し「仮説」(モデル)を持つことは重要だ。おそらく不可欠でさえある。仮説に落とし込めば、他人に手渡すことができる。仮説に落とし込めば、他人に任せられる仕事が増える(このことは、nの数を増やすことに勤しむサービス業者にとって本質だ。ソフトウェアのエンジニアと異なり、サービス業では(伝統的な業務にとどまる限り)リーチできる規模に限界がある)。そして勿論、仮説を現実に適用して「次」の一手を打つことができるようになる。

しかし、常に「仮説」とは適切に距離を取る必要がある。いったん「仮説」を立ててしまうと、それを手放すのは難しくなる。「仮説」を否定する事実に遭遇しても、もはやそれを適切に評価することができなくなってしまう。この恐ろしさたるや。「名前を付けて保存」ではなくほぼほぼ「上書き保存」。Love以外もBlindだ。

「仮説」との距離の取り方として自分が10年以上持ち歩いているのはたった一つ。「どのような事実が得られたら自分の仮説は反証されるか」について考えを及ぼすこと(そう、科学的態度の素朴な土台。知性に対する極めてベタな土台)。

人は「見抜いた」「見破った」と考えると、「見抜い」て得た「仮説」を手放せなくなる。これではアンチ知性の極みだ。見抜いたと思わないし見破ったと思わない必要がある。殺されても双子設定を投入して代替可能な専属カメラマンを横に付けるか蝶ネクタイ型変声機を脳内補完し、少なくとも全ての「仮説」に反証可能性を確保し、折を見て反証を検討べきだ。これは冗談ではすまない。

 

耳にする「反知性主義」がどのような定義であるか把握していないためwikiをみた。みると「データやエビデンスよりも肉体感覚やプリミティブな感情を基準に物事を判断すること」とある。どうだろう。何事もバランスで、「反証」と「プリミティブな感情」はいずれも不可欠な両輪だ(とプリミティブな感情は訴える)。プリミティブな感情(原初の感情)には嘘が紛れている可能性が低いので、私はこれを大事にしたい。私が嫌悪する反知性とは、「反証可能性を軽視し自分が望む通りに世界を把握する態度」のことだ。このような反知性とは距離を置きたい。

知性とは「前提とする事実が増えたり減ったりした際に速やかに自分の意見(評価・仮説)を変更できること」なのかなという素朴なモデルは自分の中で10年以上残ってきた。もはや疑わずノータイムで最速で適用して判断を下してしまう。しかし腹をたてるのはよくない。

 

①世界を更新したい欲求は、両輪の一つ。もう片方は、②「穴があったら埋めたい」というスタンプラリー的発想に違いない(ゆえにクライアントのオリジナルな笑顔が報酬です)。と今のところ仮説形成している。

サム

政治的解決。あんまり好きではないやつ。パワーは知性に宿るべきでしょうよそれは。そのために日々研鑽に励んでいる。のに。ほぼほぼ物理。それを持ち出して案件終結。お疲れ様でした。

 

輪郭を縁取ったばかりのマーケットでは、ヤリをもって食糧を奪い合うベタな光景が見られる。サローがみたら「ゼロサム」とニヤついただろう。玉置浩二がみたら「田園」と呟くかもしれない。これに情緒を強調する向きもあるだろうけれど、命の重みを考えると、愛よりも重い祈りがあるはずだ(飛影は言わないだろうけど)。玉置氏や飛影のように「街に弾かれようとも、手を離さなければいい」と思う日もあるが、アートでは足りないこともあるのではないか。それではいつか全てなくなってしまうのではないか。

Amazonプライムで聴けるAmazonミュージックに玉置浩二氏の『CAFE JAPAN』があったので最近よく聴いている。全く色褪せない。シリアスなアルバムなのにこのタイトルとあのジャケットは何なのだろう。小学生の時にも分からなかったが、今に至ってもそれは同じだった。)

ゼロサム社会」と名付けた人もいれば「不可能性」を梃子にする人もいる。かつては「広告都市」氏もいれば、「郵便的」氏みたいな人もいた。とにかく言い換えおじさん達で溢れていたし、溢れている。まずは言い換えおじさんに対する漠然とした不快さを認めよう。しかし最近気づいたのは、この不快さは美的感覚から来るものではなさそうだということ。そんな場合の不快さは例によっておそらく嫉妬だ。定義する実益に乏しい空っぽの単語を生み出して、ひたすら言い換えていきたい。疚しさの痕跡を消しながら。

(と打っている左手が痛い。ここ1ヶ月くらいずっと。手掛かりのように左手が痛い(飛影はそんなこと言わないかな)。湿布を貼っても改善の感覚がない。捻った理由は分かるものの。なぜ改善しないのだろうか。)

ゼロサム社会(または田園)での成功とは、定義からして「他者から奪うこと」に他ならない(2017年とかいう信じがたい年号に至りサムは固定どころか減っているという噂もある)。他者から…奪う…。ゲームの前提条件の魅力は確かに否定できない。「奪い合い」という響き。自分の中の飛影による「望むところです。やりましょう」の反射がもたらされるのは当然だ。きっと原初の気持ち良さにつながっているんだと思う。しかし若くない自分は情緒を強調してばかりもいられない。命には限りがある。Zero to Oneとか真顔で言いたいよそれは。永遠が欲しいよそれは。

(手渡せるものに変えて手渡したい。喜ばれると嬉しい。そのような原初の気持ち良さの永遠は、練りに練った急がば回れでないとたどり着けないだろうよそれは。)

サルトルおじさんも言っていた。人間は①「すでに手にしているもの」のサムではなく、②「まだ手にしていないものやこれから手にし得るものたち」のサムである、と。①で富を確保して②の時間をつくる。GoogleがEvilと距離を取れるのは富があるから。そんなことは当然のこと。

Zero to Oneがどんな書だったかについての記憶は覚束ないが、つらかった記憶は残されている。スタートアップの前提に、「チームで動く」が置かれていた。一人でアートを達成させることができるが、仲間がいないと世界を更新することはできない。そんな当然をピーターティールは述べてぃる。思えば常に悩まされてきたのは「チームで働く」というハードルだった。疾うにアートから脱落してしまったが飛影は残る。ラーメン屋に行くと帰路が残るのと同じ。椿屋四重奏の『ロンサム』を聴きます。