読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偶然の恵比寿

恵比寿の弁護士 藥師神 豪祐のブログ

お仕事

旗を立てること

ソーシャルデザイン。…来年のテーマにしようかな。大学在籍時に泣きながら数3数Cを勉強しながら専攻していたミクロ経済学のうちのゲーム理論は、インセンティブデザインの学問だった。デザイン。デザイン。 サッカー界で花開いた野心的なデザインといえばド…

知と世界認識

先日、東京大学と日本サッカー協会の提携記念式典を見届けるため、文京区本郷にある安田講堂に行った。聖地安田講堂。東大生でも卒業するまでに2回くらいしか入ることのない聖地。 東大総長五神氏、JFAの田嶋氏や川淵氏、FIFA会長らが一堂に会する様のラスボ…

歯止め制度

・将棋は、満23歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日までに四段に昇級できなければ奨励会を退会処分となる。…という手当。ボクシングにもあったはず。司法試験とかいう法曹選抜試験にもあったはず。向いていないのに深入りしないように、という手当(歯止め…

確信の行方

・見抜いた。 ・気付いた。 ・自分だけが事の重大性に気づいている。 ・自分が正義の側にある。 ・…などという確信を持ってしまうと、人は手持ちの事実を疑わなくなる。 ・これ、なんでだろう。ずっとこれを見てきた人生だった気がする。 ・そろそろ止めねえ…

「忙しい」

・SNS等で「忙しい」と発言する人はなぜか無能に見える問題。 ・あれって何だろう。という話になった。 ・高収入かつ激務と思われる人たちは不思議と忙しさについての愚痴は言わない。 ・そういう人たちも、飲み会等で周囲が尋ねると、めっちゃ言う。 ・「忙…

人間万事塞翁が馬

・これの意味について深く考えたことはなかった。 ・負けから得られるものはある。 ・と、岡田武史氏が当該故事を摘示しつつテレビで語っていた。 ・ミスから得られるものがある。 ・シンプルに、①足りないものを把握する、②それを埋める。 ・これを意識する…

有限のパン

・当たり前体操。 ・生活も貨幣も言語も「関係」の中でのみ成立。 ・生じた問題は、「私」ではなく「私たち」の問題として解消せざるを得ない。ことの方が多い。 ・小さな世界の王様になろうとも、そこには米もないし人もいない。 ・問題の根源の多くが「有…