読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偶然の恵比寿

恵比寿の弁護士 藥師神 豪祐のブログ

旅路を祝って

日記

※この文章の8割は苦手な長距離移動の新幹線車内で書かれたものである。

 

ILC。国際リニアコライダーをご存知だろうか。分かりやすく世界の最先端。素粒子実験施設。その誘致合戦において一歩リードしている県。そう、岩手県。そんなわけで本年初の旅行先は岩手県となった。タイムフライヤー。そうでない場合もあるものの。

世界にあるのは「事実」と「評価」。ベタな結論。世界は言い尽くされているので仕方ない。とにかく筆は折れてはならない。そうでない場合もあるものの。

なんであれ「結論」(「解答」)だけを言う文章は役に立たない。 求めるべきは「解答」ではなく「解法」。吟味すべきは「解答」ではなく「解法」。「解答」それ単体を手渡されても、どう物差しを当てていいか分かるはずもない。「結論」を言い忘れた文章がアレなのは、「結論」なしは「解法」の不足に他ならないから。「構造」と「モデル」。「分析論」と「提言論」。そうでない場合もある。

「結論」はDoActionにつながるまで全く重要ではない。重要なのは持ち寄った「材料」と「調理のうまさ」。以上。出されたものを美味しいと感じるかマズいと感じるかは、個々の味覚(物差し)がもたらす私的な結論にすぎない。

 

であるからして例えば。「役割を強制的に割り当てて議論をさせる講座」は世界的に流行っている。有用だから。例えばFIFAマスターとなるための講座や、サッカーの指導者向けの講座にも同様の内容があるそうだ。対立した2つの立場にランダムに割り当てられ、本音とは別のところで議論を展開する。ある種の無知のベールを被せられ、「事実」と「評価」を組み合わせた「解法」を吟味していく訓練。使用する「事実」。それの「前提事実」。さらにそれの「前前提事実」。クライマー。

弁護士業務も同様であろう。私たちはあくまでも対立する当事者のいずれかの代理人であるにすぎない。仮に別の立場に就任すれば、別のことを強調していたはずだ(現に相手方代理人がそうしているように)。だからこそ能力の差が結果に反映され得る。もっとも、当然ながら真実の周囲で行う綱引きになるので、行ける場所の幅は限られている。とりあえず集められた証拠と証拠から推認される事実たちを前に、行ける場所を嗅ぎとることになる。そこでの見通しから、事件は「勝ち筋の事件」「負け筋の事件」などと分類されたりする。その上で、堂々と誠実に進めて行く。そこが面白いんだよなあ。

 

前提とする「事実」が増えたり減ったりすれば、不変の物差しをもってしても、「結論」(最終的な「評価」)はいくらでもひっくり返る。意味があるのは解法(「結論」に至る「事実」と「評価」の組み合わせたち)の吟味。これが「批判」と呼ばれるもの。批判とは、何かを否定することではない。事実であれ評価であれ、鵜呑みにせず吟味することをいう。

さて私たちは、岩手県に旅立った。旅において検討すべきなのはやはり「帰路」なのではないかな(結論)。と改めて思った。夜中にラーメンを食べに行くかを検討するときであっても、考えるべきは「帰路」。店を出た後にどんな表情をしているか。どんな気持ちであるか。旅に出るとき、「行ってもいいけど帰路が残るよ」という声を私は掛けたい。掛けてほしい。

 

あらゆるトピックに対して「経験」で返せる人が強い。毅然とした態度の女性は美しい。これまでの仕事で一番大きい仕事は何。「大きい」とは何か。相手方の定義に従った「大き」さで承認を得たい。そう思えたら幸せだ。

 

NIRVANAの『NEVER MIND』の本編ラストを締めくくるのは「何かがひっかかる」。魚は感情がないから食べてもいい。何かがひっかかる。…といったような楽曲。相手よりメタに立った者勝ちゲームをしている者に対して『Somthing in the way』を捧げたい。何度目かの、「気付いている者」であると叫ぶ、啓蒙したがり屋さんたち。「まだお前そこにいるの。こっちに来なよ」と。何度目かのPostシーズン。大いなる物語を疑い小さな神を持っていると突き付けられたポストモダン。FactではなくOpinionが世界を動かしているポストトゥルース。指針の主導権はあなたにある。おめでとうございます。FactとOpinionがイコールであるのは、イデアの水槽から出てきたものだけ。

 

人間が言えるのは、「①仮にこういう事実があったら②それはこういう評価をすべきだよね」ということだけ。そうでない場合はない。前提とした事実に変化があったときに、結論を変更する速度こそが、知性なのかもしれない。これくらい読みにくければ隠せる環。